クレジットカード現金化は法的にOK?

違法性はあるの?クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化って?

急に多額の現金が必要となったときに、簡単に現金を手に入れる方法というのはほとんどありません。
まず、現金を手に入れる方法として最初に思いつくのは、消費者金融などからのキャッシングでしょうが、これをするにあたっても審査が必要となります。
ですから、過去に、何社からもキャッシングを繰り返していて返済が滞っている場合などは、借り入れすることは難しいです。

その他に、現金を即日で手に入れる方法としましては、日雇いのバイトなどをして稼ぐ方法があるでしょう。
しかしながら、この方法の場合、一日に稼げる金額には限界があり、せいぜい数千円から1、2万円程度になってしまいます。
そのため、もっと多額の金額が急に必要だという場合には、決してよいやり方ではないかもしれません。

そこで審査などすることなく、即日でお金を手に入れるための手法として、クレジットカードの現金化というのがあるのです。
普通であれば、わざわざこのような方法を利用しなくても、クレジットカードのキャッシング枠を活用したり、先述のように消費者金融などから借り入れをおこなえばよいのですが、何回もそのようなことを繰り返し多重債務に陥っている場合には、それすらできなくなってしまいます。

つまり、クレジットカードの現金化をおこないたいと考えている方のほとんどは、多重債務などに陥り、生活が行き詰ってしまった人になるかもしれません。
そのような方たちの、最後の砦として、クレジットカードの現金化がおこなわれているのです。

現金化しなければいけない理由

普段お金に困る生活をしていない方にとっては、クレジットカードの現金化という言葉は馴染みのないものですから、その実態を知らないという方も多いのではないでしょうか。 現金化とは一体どのようなもので、何であるのかを詳しく説明していきたいと思います。

現金化の手法とは

クレジットカードのショッピング枠を利用することで現金化できるということが分かったとしても、気になるのは一体どのようにしてそんなことができるのか、その手法ではないでしょうか? クレジットカードの現金化のやり方はいくつかあるのですが、その方法を調べてみました。

違法性について考える

クレジットカードを現金化するうえで気になるのは、そのようなことをするのは、法律的に何か問題がないのかどうかという点ではないでしょうか。 クレジットカード現金化による違法性の有無を考察してみましたので、実際に検討されている方は参考にしてみて下さい。