違法性はあるの?クレジットカードの現金化

現金化の手法とは

現金化をおこなっている業者

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化する場合、一般的にはそのような現金化をおこなっている業者が存在しますので、そちらを利用することになるでしょう。

一つめの方法としましてはキャッシュバック方式と呼ばれるもので、まずは業者が指定した価値のない商品を、あえて高い金額で購入し、それに対してキャッシュバックという形で現金を受け取るのです。
例えば、数百円程度の商品を、10万円などの金額で一度カード決済をし、そのあと業者が9万円をキャッシュバックで渡してくれるというものになります。

これに対して、もう一つは買い取り方式と呼ばれるもので、今回はあえて高額で換金率の高いものをカード決済で購入します。
例えば、商品券やブランド物などの高換金率のものを、業者が指定してくる場合がほとんどです。
そして、その購入した高換金率の商品を、すぐにその場で業者に買い取ってもらうことで現金を得ることができるのです。

業者を利用しない現金化

クレジットカードの現金化をおこなううえで、現金化をおこなっている業者を利用するのが一般的なのですが、間に業者を挟まず自分でおこなうことも可能です。

この方法としては、業者による買い取り方式を自分でおこなえばよいだけのことで、自分で換金率の高い商品を見つけ、それを転売すれば現金を得ることができるでしょう。
自分で商品を高く売ることが出来れば、業者を利用するよりも儲けが出ますので、上手くいけば現金化によって手元に残るお金を増やせます。

しかしながら、高く買い取ってくれる人や店を探すのに非常に手間や労力がかかりますので、それを考慮したうえで業者を利用する人の方が多いようです。
また、自分で高換金率の高い商品をカードで購入すると、クレジットカード会社も気づきやすいですから、業者を利用するよりも危険性が高まるというのも、理由の一つになります。


この記事をシェアする