違法性はあるの?クレジットカードの現金化

違法性について考える

カード会社の利用規約違反に該当

クレジットカードのショッピング枠を業者などを利用し現金化する方法ですが、法律違反かどうか以前に、カード会社としてはそのような利用方法を禁止しておりますので、カード会社の規約違反に該当します。

クレジットカードの現金化をする人の場合、多重債務などによりお金に困っている人がほとんどですから、現金化したショッピング枠の返済を滞らせてしまうことが非常に多いです。
クレジットカード会社としては、返済してもらえない場合、当然損失を被ることになりますから、このような使い方というのは認めておりません。

万が一、現金化するためにショッピング枠を利用したことが分かった場合には、クレジットカードの利用停止、そして解約に至る可能性は非常に高いです。

法律的にはグレー

クレジットカード会社の現金化は、カード会社の規約違反に当たることはわかったと思いますが、法律的に違法かどうかと問われますと、グレーゾーンになってくると思います。
なぜグレーゾーンなのかと言いますと、現段階ではクレジットカードの現金化を明確に禁止している法律がそもそも存在しないため、完全に黒とは言い切れないからです。

しかしながら、クレジットカードの現金化をおこなっている業者の中には、過去に貸金業法・出資法の違反により逮捕された実例もありますので、このような業者と関わりを持つことは非常に危険で、利用者側も何らかの形で違法と判断される可能性も、今後ないとは言い切れません。

つまり、現段階で現金化をおこなうのはグレーではあるものの、危険性は非常に高く全て自己責任であるということを、きちんと知っておく必要があります。


この記事をシェアする